工場での志望動機について

工場の求人に応募して面接を受ける場合、面接対策もしっかりしておく必要があります。
面接ではいろいろなことが聞かれると思いますが、ほぼ間違いなく志望動機は質問されると考えて良いでしょう。
では、工場の就職面接を受けるにあたり、志望動機はなんと答えたらもっとも印象が良くなるのでしょうか。

ますは知ること

志望動機を答えようにも、就職しようとしている工場のことをあまり知らないようでは動機も話すことができません。
いくら「この工場で働きたいです!」と言ったところで、具体的に説明してほしいと言われて何も答えられないようでは話になりません。

まずはその工場がどのようなものを造っているのか、どんな歴史があるのかなどについてリサーチすることが大切です。
その上で自分がどこに興味を持ったか、どんなことをしてみたいのかということをまとめれば面接でもスムーズに話すことができるのではないでしょうか。
工場の公式ウェブサイトなどがあれば情報収集は容易ですから、面接に挑む前にしっかりリサーチしておくべきです。

気持ちを伝える

結局のところは熱い気持ちが人の心を動かすものです。
いくら賢そうな言葉をたくさん並べたところで人の心を打つことはできません。

人の心を打つのはいつの時代も熱い気持ちですから、感じたことを素直に伝えてみましょう。
この会社の理念に共感した、自分もこの工場が作っている製品を一緒に造ってみたい、ものすごく興味がある、など何でも良いですから、素直な気持ちをストレートに熱くぶつけることです。

面接官と言えど人の子ですから、熱い気持ちにはきっと心打たれるのではないでしょうか。
小手先の面接テクニックを覚えるより、熱く素直な気持ちをぶつけた方が面接担当者もうれしいものですよ。

まずはしっかりと情報収集してどこに興味を持ったかなどをスムーズに伝えられるようにすることです。
あとは先ほども言ったように熱い気持ちを素直に伝えてみましょう。