パルプ・紙・紙加工品製造業の仕事内容

日常を支えるパルプ・紙・紙加工品製造業

日常生活に直結するような商品を作り出しているのがパルプ・紙・紙加工品製造業です。
例えば毎日トイレで利用するトイレットペーパー、はがき、封筒、プリント用紙、新聞、雑誌、ノート、考えてみるとパルプ商品は非常に多く、私たちの身近な商品は数えきれれないくらいあることがわかります。

海外ではティッシュを利用しない国もありますが、日本は世界で最もティッシュペーパーを利用する国とも言われていますので、紙が日常生活に切り離せない状態になっていることがここでも理解できます。
紙を多く利用する日本において、パルプ・紙・紙加工品製造業は、日常生活を支えているともいえる産業なのです。

日本には沢山の製紙メーカーがありますし、製紙工場で利用する紙の原料となる木材、植物も豊富です。
製紙工場ではパルプを漂泊するために次亜塩素酸ナトリウムなどの薬剤を利用するため、独特なにおいが発生し、熱処理するため煙突から白いにおいのある煙が周囲に広がり、公害問題としても取り上げられてきました。
しかし、製紙メーカーも努力を重ね、現在はにおいや煙などの郊外についても改善傾向にあります。

求人をみると少ないと感じますが、例えば工場内で機械のオペとして働く、また浄化槽管理や配送トラックドライバーなど、工場内以外の求人が多いです。
また正社員ではなく、ペーパーをカットするというアルバイトの募集も多いです。

現況はどうなのか

日本で作られる製品はどんな商品でも高品質なことが世界的にも有名です。
アジア諸国で通常の生活用品として使われている紙の品質が全く違うと感じたこともあるでしょう。
日本で作られている紙製品、紙は世界で高品質な紙として多く利用されているのです。

ただ、日本では紙の消費量が減少傾向にあります。
ペーパーレスが広がり、紙媒体を利用することが各業界で少なくなっているのです。
インターネットの普及、雑誌等の紙媒体流通が減少しているという事を受け、パルプ・紙・紙加工品製造業についても、打撃を受けているという状態です。

東南アジア諸国アンドでは印刷用紙の需要が高く、輸出拡大となっていますが、今後、輸出する際の経費を紙の供給とどのように折り合いをつけていくかという事が大きな課題となっています。

この業界へ転職を考えている方へ

正直、製紙工場の求人を就職・転職情報サイトでみても少ない状況です。
もしこの業界に転職をしたいと考えるなら、自発的就職活動をしてみましょう。
ハローワークのほか、転職情報サイトなどを利用して転職活動されている方は、製造業に特化した専門サイトを利用してみたり、人材派遣会社の中にも製造業主軸というところがあるので、そうした場所を探してみましょう。

繁忙期になるとアルバイトを募集するところもあるので、業界経験がない方はこうした繁忙期のアルバイトから経験を積んでいくといいでしょう。
ここでいい働きができれば、アルバイト期間が延びたり、正社員登用と検討してくれる企業もあるようです。