非鉄金属製造業の仕事内容

非鉄金属製造業とは?

非鉄金属とはなにか?聞いたことがないという人も少なくないでしょう。
それは、鉄以外の金属全般を指す言葉で、例えば軽金属となるアルミニウム、マグネシウム、スズなどのベースメタル、さらにニッケルやクロムなどいわゆるレアメタルと呼ばれるものなどを非鉄金属といいます。
金や銀、プラチナなどの貴金属類も非鉄金属です。

アルミニウム製品一つとっても缶ジュースのアルミ缶、食品類を包むなどして利用するアルミホイル、自動車の部品、アンテナ、窓枠などに利用されています酢、道路標識などにも利用されています。
実は1円玉もアルミ製品です。

アルミについてはアルミ圧延メーカーとアルミ加工品メーカーがあります。

特にアルミについては、アメリカについで消費量が世界第2位という事もあり、多くの商品が作られていますし、こうしたアルミ製品に関わる企業、事業所も多数存在しています。

非鉄金属製造業の現況

経済不況の影響を受けて一時期は厳しい状況となったのですが、現在は次第に生産を盛り返している状態でこの先明るい傾向が見えます。
ほとんどが大手企業が担う業界ですが、中小企業の下請け、外資系企業など雇用先も多数あり、国内全体をみると活気ある業界とみていいでしょう。

少子化によってこの先、働く人口が激減するといわれています。
また消費についてもかなり少なくなることが予想されるため、商品を海外に輸出するということが各企業、力を入れている状態です。

またリサイクル技術も発展しているので、製造にプラスしてリサイクル技術についても発展していく傾向があり、こうした分野でも雇用が期待される状態です。

定着率が大きなメリット

非鉄金属製造業の就職で特徴的なのが、高い定着率です。
新卒者の定着率が非常に長く、長期的に働くことができる産業といえます。
という事は、働きやすく魅力ある事業場、雇用が多いという事でしょう。
雇用が多いという面はこの業界の大きなメリットです。

ただし、経験がある、実績がある、スキルを持っているという人以外は、生産ラインで働くことになりますので、同じことを行っていても苦にならない、コツコツと集中力を持って作業ができる、努力を積み重ねていくことが求められます。

基本的には立って仕事することになりますので、体力面も健康面も配慮しなければなりません。
フォークリフトやハンドリフトの資格を取得しておくと、雇用に有利、また仕事の内容の幅も大きく広がるでしょう。

転職者の多い業界としても知られており、就業者の40%が転職者です。
中途採用の下地がしっかりある産業なので、非鉄金属製造業への転職を考える方にとっては、非常に雇用を見つけやすい業界と考えていいでしょう。