電機・電子部品製造業の仕事内容

電機・電子部品はモノづくり日本の代表産業

日本の企業というと、自動車の大手メーカーなどが世界的にも有名ですが、モノづくりという点においては、電機・電子部品などの製品作りについても、日本のお家芸といえる代表的な産業です。
一般家庭向けの家電製造、機械の主軸として必須な半導体などの電子部品、さらに業務用電機など、電機・電子部品の製造は非常に幅広いです。

こうした分野に働く人たちが作り出す製品は、日本国内のみならず世界各国で精巧な日本の部品として重宝され、日本の部品じゃないと利用できないというくらい、世界から求められているのです。

今回はこのような電機・電子部品を製造する業務に転職を考えている方に、様々な情報を御伝えします。

電機・電子部品の製造業で働くメリット

例えば家電製品に利用する部品などを作るメーカーに雇用されている場合など、製品が世の中に出る前、試験的に利用できるなどのメリットがあります。
企業が製造している商品等が無料でもらえる、またかなり割引してもらえるなどの特典があります。

エンジニアとして電機産業で働く方の多くが、世界的に最高水準とされる技術を得る事ができるという点や、日本の重要産業で仕事をしているという気持ちを持ってモチベーション高く働くことができるというメリットを感じています。

また製造業といっても、技術、営業、事務系、経理、人事、生産技術、品質管理、資材購買、工場スタッフなどの幅広い職種があるという事も、非常に大きなメリットといえます。
違う部署にいても努力を重ねることでスキルアップして違う部署に行くという事もでき、努力次第で自分を高めていけるという点もメリットでしょう。

電機・電子部品製造業で働くデメリット

家電製品の製造などに関連する部品作りなどを行う企業の場合、クリスマスや夏など、非常に忙しいシーズンがあります。
このシーズンになると製造が出荷に間に合わず、一定期間とんでもなく忙しい時期があるという事がデメリットです。
毎日、日を超えるくらいの残業、時には徹夜覚悟というときもあり、体力的にも精神的にも強くないと越えられない季節があるのです。

製造業は自動化が進み、設備投資の回収のため、コストダウンしなければならず、製造部門はシフトでも2交代制、3交代制という事になり、休日が不規則になるという事もデメリットといえます。
勤務時間は長くなくても、ほかの業務からするとかなり中途半端な時間に働くという事になるので、自分の体の体調管理をするのが難しいという意見をよく聞きます。

不規則な日程の中でも、自分の体をうまく調整できる状態にするため、遊びに行くという事が少なくなるといいますし、結局休日が友人、家族と会わないので一人で過ごすことが多くなるという事もデメリットです。