工場で使える資格いろいろ

誰でもその気になれば工場で働くことができますが、資格を取得しているとそれだけで給与に影響したり、高度な仕事を任せられるようにもなります。
そこで、ここでは工場勤務で使える資格についてご紹介しますからぜひ参考にしてください。
また、資格を取得することで得られるメリットについてもご説明しましょう。

代表的なものを紹介

一口に工場で使える資格、役に立つ資格と言っても実に数多くの資格が存在します。
現在では約100種類にも及ぶ資格があると言われていますが、ここでは代表的なものをいくつかご紹介しましょう。

・加工系の資格
自動車整備士やアーク溶接作業者、プレス金型取り替え作業者などが挙げられます。
モノ作りにおいて欠かすことのできない資格ですね。

・操作系の資格
手動クレーンやフォークリフト、玉かけ作業者、デリック運転士などがあります。
工場では移動式の手動クレーンが設置されていることは多いですし、フォークリフト資格も需要は高いです。

・設備管理や取扱い系
危険物取扱者資格やボイラー技士、電気工事士などがあります。
危険物取扱者資格は需要もありますし、あらゆる職場で活用できますから取っておいて損はありません。

即戦力として働ける

工場で働くために資格を取得しよう、という方は少なくありませんし、派遣社員やアルバイトとして働く場合でもわざわざ資格を取得しようとする方がいます。
工場によってはどうしても必要となる資格もありますから、最初から持っておくと即戦力として採用されることもあるでしょう。

工場系の資格を取得することで得られるメリットですが、一つには職場の選択肢が増えるということが挙げられます。
先ほども言ったように資格がどうしても必要となる職場は実際たくさんありますし、資格を持っていればそれだけで採用に有利になります。

資格保有者にのみ作業が許されるというケースもありますから、資格を取得していればそのような仕事も任せてもらえるでしょう。
また、資格を取得することで給与が上がるケースもあります。
資格保有者の待遇を良くしてくれるような会社はたくさんありますし、派遣やアルバイトでも資格を持っていたほうが時給などが高くなることは珍しくありません。

資格取得を目指す方の中にも最初から収入アップを目指して取得しようとする方もいます。
また、キャリアアップのために資格を取得するという方も多くいらっしゃいます。

工場で役立つ資格はほかにもたくさんあります。
ここではいくつかの資格とメリットについてご紹介しましたが、今後工場で働く予定という方は参考にしてください。
資格を持っていれば何かと良い展開になることも多いですからオススメです。