梱包の仕事

主に軽作業に分類されることの多い梱包のお仕事ですが、時期によっては梱包のアルバイトが募集されることもありますよね。
近年ではオンラインショッピングを楽しむ方も増加しましたから、梱包作業員の需要も高くなっているのではないでしょうか。
そこで、ここでは工場における梱包のお仕事内容や魅力についてご紹介します。

丁寧な作業

梱包のお仕事内容ですが、その名の通り発送する商品を梱包することが主な業務となります。
お客さまのもとに届ける大切な商品に破損などが起きたら大変なことになりますから、安全にお客さまのもとへ送り届けることができるよう丁寧に梱包します。

段ボールを使って梱包しますが、中に発泡スチロールなどの緩衝材を用いることがほとんどです。
また、新聞紙や特殊な緩衝材を用いることも少なくありません。
これは工場や製品によって異なります。

非常に大きな段ボール梱包の作業もあれば机の上で行う小さな梱包作業もあります。
また、機械類の梱包では木材を使って梱包箱を別途作ることもあります。

誰でもチャレンジができる

特別難しいことはありませんし、その気になれば誰でもチャレンジできるお仕事ということが魅力の一つです。
体力が必要となるケースもありませんし、仕事の手順さえ覚えてしまえば後は楽に作業できるのではないでしょうか。

はじめのうちは梱包の仕方や緩衝材の敷き方、テープでの留め方などに戸惑ってしまうかもしれませんが、それも数回やっているとすぐに慣れます。
女性の方やご高齢の方でも比較的チャレンジしやすいお仕事です。

お客さまのもとへ無事に届けるための梱包ですから、工場における最終的なプロセスとなります。
そのような重大かつ大切な業務に携わっているというのはある意味誇りを持てることではないでしょうか。

責任感を持つ

誰でも気軽にチャレンジできますし、一度作業を覚えてしまったらそれ以上覚えることはないため飽きやすい方には向いていないかもしれません。
次々と変化を求める方や、もっと複雑な仕事をしたいという方はすぐにイヤになってしまうでしょう。
シンプルな仕事でも熱意を持ってしっかりと取り組むことのできる方、お客さまの元へ安全に荷物を送り届けるための梱包だ、と責任感を持てる方こそ向いているお仕事と言えるでしょう。

梱包の作業では特に「テレコ」を嫌います。
箱に記載されている製品名と中身が違うという大ミスです。
飽きっぽい方や集中力の途切れやすい方だとこのようなミスも起きやすいですから、最後まで責任感を持って作業できる方が向いています。