工場デスクワーク

工場でのお仕事と聞くと機械を操作したり、組み立てなどの作業を行うイメージがあると思いますが実はデスクワークの仕事もあります。
ここでは工場におけるデスクワーク業務についてご紹介しましょう。

基本的な一般事務業務がほとんど

工場でのデスクワークにもいろいろなお仕事があり、実際に現場でオペレーターとしてパソコンを操作することもあれば事務室で事務業務に携わることもあります。
オフィスで行う事務は通常の一般事務とほとんど変わらず、伝票整理や材料の仕入れ管理、納品管理などのデータをパソコンへと打ち込んでいきます。
他には、働いている社員の勤怠管理などです。
また、取引先から電話がかかってきた場合などはそれを取りつぐなど、基本的な一般事務業務となることがほとんどです。

工場のデスクワーク、事務業務だからといって一般事務とそれほど大きな違いはありませんから、工場勤務が初めてという方でも比較的安心して働くことができるのではないでしょうか。
ただし、機械の操作やトラブル回避のためにパソコンにデータを入力するような専門業務もありますから、コチラは経験を積みながら覚えていくことになるでしょう。

こんな人にオススメ

直接何かを生み出すような工程を経ているわけではありませんが、自分の携わった製品が世の中に出ていくというのは魅力を感じる部分ではないでしょうか。
工場で造られているものにはいろいろなものがあり、我々の生活に欠かせないものもたくさんあります。

それらの品の生産に自分が関わっているのは誇りに思えることでしょう。
また、工場事務では現場の状況によって取引先などに連絡する必要もありますから、コミュニケーション能力のある方だとその力を発揮できます。
現場とのコミュニケーションも必要となりますから、人との会話を楽しめる方にもオススメです。

コミュニケーションが大切

一般事務の経験がある方はもちろんですが、新しいことにチャレンジしたいという方にもオススメできるお仕事です。
工場現場での事務業務は一般事務とはさまざまな面で違いがありますし、初めて経験するようなこともあるでしょう。

新しいことを始めるのが好き、チャレンジすることにやりがいを感じるという方には向いています。
また、柔軟性がありコミュニケーションをしっかり取れる人もこの仕事に向いています。
取引先はもちろんオフィスでのコミュニケーションも大切ですし、時には現場に足を運んで会話することもあります。

さまざまな状況変化に対して柔軟に対応できる思考の持ち主にもオススメのお仕事ですね。
工場におけるデスクワークは直接モノづくりに携わってはいないものの、製品の生産をサポートする大切なお仕事です。
やりがいもありますから、興味のある方はぜひチャレンジしてみましょう。