鋳造の仕事

日本に古くから伝わる技法の一つが鋳造です。
鋳型に溶かした金属を流し込むことで成形を行う技術で、お寺の鐘などはこの技術によって造られてきました。
現在でも工場では鋳造技術を用いて自動車や航空機、機械部品などさまざまな製品を製造しています。
ここでは、工場における鋳造のお仕事についてピックアップしてみました。

金属成形技術

先ほどご紹介したように、鋳造というのは日本古来より伝わる金属成形技術の一つです。
高温で熱して溶かしたさまざまな金属を鋳型と呼ばれる型に流し込み、冷やして形にするという技法です。

現在では鋳造も機械作業が常識ですから、基本的にはマシンによる鋳造作業がメインになることがほとんどです。
鋳造専用の機械を操作するマシンオペレーターとして作業に従事することもありますが、これだと基本的に機械の操作のみを行いますから特別鋳造に関する知識などは必要ありません。
鋳造工だと鋳込みや型枠外しといった作業があり、溶解炉で溶かした金属を型に流し込んだり、完成した製品を型から取り外すような作業もあります。

じっくりと技術を磨く

どろどろに溶かして形のなくなった金属が鋳型に流し込まれることで新しい命を宿す・・・。
その瞬間に立ち会うことができるのは大きな魅力と言えるでしょう。
新たな生命の誕生、というと大げさに感じるかもしれませんが、一度完全に溶かして原型のなくなった金属が新しいものに生まれ変わるのは感慨深いものですよ。

鋳造は一朝一夕でできるようなものではありません。
マシンオペレータはまだしも、鋳造工として活躍したいのならそれなりの経験を積む必要がありますし、誰もが最初から高い技術を持っているということはありません。
業務に従事しつつ技術を高めていくことができるのも大きな魅力です。

職人である

マシンオペレータの場合は製品のクオリティがマシンの設定次第で決まることがほとんどです。
しかし、鋳造工として作業する場合は職人の腕の見せ所ですから、少しでも良い製品を生み出そうという職人気質な性格の持ち主がこの仕事に向いています。

最初から上手にできる人はいませんから、経験を積むことで技術を磨いていくことができます。
その過程を楽しむことのできる人、技術の向上に喜びを感じることのできる方にも向いていると言えるのではないでしょうか。

また、鋳造の現場は周りが高温になることもありますし、周囲への配慮がしっかりできる人も向いています。
他部門との連携も必要となりますから、コミュニケーションスキルも必要です。

鋳造のお仕事は意外にたくさんありますから、鋳造工やマシンオペレータとして働いてみたい方はぜひトライしてみましょう。
意外と身近で使っているさまざまなものに鋳造品が使われていますよ。