板金・塗装の仕事

事故などによって傷んでしまった自動車のボディを元通りの綺麗な状態になおすお仕事が板金塗装です。
さまざまな業界で機械化やシステム化が進む中、この業界だけは未だに職人の腕一つに仕上がりがかかっています。
ここでは、そんな職人風情溢れる板金塗装のお仕事についてご紹介しますからぜひ今後の参考にしてください。

最後は職人の手にかかっている

板金塗装工場のお仕事は意外と多岐に渡り、顧客が事故を起こしたというときにはそれを引き取りに行くようなこともあります。
引き上げた車両をリフトに載せ、どこを直すかをまず目視でチェックします。

金属ボディを裏から叩いて出したり、へこんだ場所にパテを塗りこんで元通りの状態に戻し、最終的には塗装によってキレイに仕上げていきます。
金属パーツの叩き出しなどは未だに職人の手によって行われていますし、パテの塗りこみや削りなども同様に職人が行います。
そのため、仕上がりはすべて職人の手にかかっていると言っても過言ではありません。
塗装は専用の機械で行いますが、これも職人の技術と経験によって仕上がりに大きな差がでます。

自分の工場を持てることも

自動車が好きという方にとっては天職と言えるのではないでしょうか。
そのため、自動車が趣味という方やモータースポーツに興味のある方などがこの仕事に就くことも珍しくありません。

職人の技術を身につけることができますから、技術を磨いていずれは独立開業ということも可能です。
仕事を続けていくうちにひいきにしてくれるお客さんなども出てきますし、キレイな仕事を続けていれば気に入ってくれるお客さんも出てくるでしょう。
技術を身につけていずれは自分の工場を持つことができる、という夢があるのは大きな魅力と言えるでしょう。

努力をすること

一つの目標や目的を目指して一生懸命邁進することのできる一途な方がこの仕事には向いています。
職人としての技術を高めないことには話になりませんから、日々努力できる方もこのお仕事には向いているでしょう。

車が好きという方だと毎日好きな車に囲まれて仕事ができますからモチベーションも上がります。
趣味で毎日車を自宅でいじっているという方ならまさしく天職と言えるかもしれませんね。

職人の腕一つで仕上がりが大きく左右されてしまいますから、自分に妥協せずどこまでも技術を追求できる方、ストイックな方にオススメできる仕事です。
いつか自分の工場を持ちたいという野心家の方もチャレンジしてみると良いかもしれません。

自動車工場での板金塗装のお仕事は男性オンリーだと思われがちですが、実際には女性の方でも職人として働いいる方はいます。
女性の職人さんってちょっとカッコいいですよね。
気になる方はぜひチャレンジしてください。