金型の種類ってどんなものがあるの?

PAK85_tetunogomi20141028182148-thumb-815xauto-17703

金型という言葉を耳にしたことがある方もいるかもしれませんが、金型は工場での成形作業に用いる重要なパーツでありツールです。
プラスチック樹脂や金属を流し込むことで形を整えるためのもの、と考えると良いでしょう。
ここでは金型の種類やどのように利用されているかなどの情報についてご紹介するとしましょう。

成形作業に使用

そもそも金型って何だろう?と思った方は多いはず。
金型とはその名の通り、金属製の型となります。
成形作業に使用されるもので、この型に溶かしたプラスチック樹脂や金属などを流し込んで形を造ります。

大量生産のためには必要不可欠なもので、あらゆるジャンルの工場で金型が利用されています。
男性なら一度は作った経験のあるプラモデルなどもこの金型を利用して作られており、あらかじめ成形したい形の金型を造ってその中にプラスチックを流し込みます。

乾いたプラスチックが制作前のプラモデルとなるのです。
プラスチック部品などを大量に生産している工場ではほぼ100パーセントと言って良いほど金型を使っています。

さまざまな種類がある

一口に金型と言ってもさまざまな種類があります。
先ほどご紹介したプラスチックの成形に用いる金型は一般的にプラスチック用金型と呼ばれ、世に出回っているプラスチック製品の多くはこの金型を用いて造られています。

溶解させたプラスチックを金型に流し込み、金型に圧力をかけることで形を整え冷やして完成です。
雑貨に自動車、家電、模型などさまざまなジャンルで用いられていますし、もっともメジャーとも言える金型ではないでしょうか。
金型についてはこちらも参考にどうぞ。
>>様々な金型の種類と成形法|機械設定エンジニアの基礎知識

プレス用金型はプレス機に搭載して使用するタイプの金型です。
凹凸の金型の中に鋼材を設置し、強い圧力をかけることによって形を造っていきます。
この時にかけられる圧力は数千トンにも及ぶことがあります。
このほかにも鍛造用金型や鋳造用金型、ダイカスト用金型などもあります。

金型設計者って?

金型設計者とは、読んで字のごとく金型の設計に携わる人のことをこう呼びます。
金型の設計を専門としている企業もありますし、金型設計者への道を模索するのならそのような企業に就職するのがもっとも近道と言えるでしょう。
経験者を優遇する会社が多い傾向にはありますが、未経験者も募集している会社もありますから、一から金型について学びたい、金型設計者になりたいという強い想いがあるのなら応募してみましょう。

我々の身近にあるさまざまなものが金型によって造られています。
今となっては誰もが持っている携帯電話やスマホのカバーなども金型で造られています。
現代におけるモノ作りにおいて金型は無くてはならないものと言っても過言ではありません。