工場の基本「5S」って何?

工場勤務をしている方だと、5Sという言葉についてはしっかり理解していると思いますが、製造業などに携わったことのない方、縁のない方だとさっぱり分かりませんよね。
そこで、ここでは工場勤務の基本とも言える5Sについてご説明したいと思います。
今後製造業で働きたいという方や、工場勤務に興味があるという方はぜひ参考にしてください。

重要視されている

工場の衛生管理に必要な清潔や整理、整頓や清掃の頭文字をとって5Sとしています。
1980年代から広がりを見せ始めた言葉で、現在では多くの工場でこの5Sをベースとした働き方を推奨しています。

整理は誰もが分かるように、必要なものと不要なものをしっかり区別し、不要なものについては捨てるということです。
作業効率の悪い職場のほとんどはこの整理ができていない傾向にありますし、デスクワークが遅い方の机を見ると散らかっていることが多いですね。
工場においてもこの整理が非常に重要視されます。

整頓は、必要なものをいつでも取り出せるように管理することです。
どこに片づけるか、どのように管理するかを定めておけばいつでも必要なものを取り出すことができ、どこに行ったか分からない、見つからないという無駄を省くことができます。

清掃は掃除のことで、作業する場所や職場そのものを綺麗な状態に保つことです。
作業効率や生産性の高い工場の中が汚いということはほとんどありませんし、逆に生産性の低い工場ほど清掃が行き届いていません。
清潔は職場や作業環境を常に清潔に保つことを指しています。

しつけはすべての作業員が決まりを守るように習慣づけることです。
決められたことを守るのは当たり前のような気がしますが、実際にやってみると難しいですよね。
ここを徹底することで生産性もアップします。

5Sの大切さ

5Sがどうして大切なのか分からないという方もいるかもしれませんが、生産性の高い工場ほど5Sを徹底させています。
それだけこの5Sが大切ということですし、それが実証されているからこそ多くの向上で実践されているのではないでしょうか。

例えば整理と整頓ですが、これができていないといろいろなところに邪魔なものがあり、作業効率が著しく落ちてしまいます。
作業の邪魔になるものがある、スムーズに作業できないとなると当然生産性は落ちてしまいますよね。

また、整頓ができていないと毎回必要なものを探すのに四苦八苦してしまうでしょう。
この時間は非常にムダですから、これを失くすことで作業効率をアップさせることができるのです。

5Sは現在多くの工場で実践されています。
最初のうちは大切さも理解できないかもしれませんが、働き続けているうちにきっと理解できるようになりますよ。